白内障を防ぐサプリメントはコレ!

眼病・白内障を防ぐために@白内障サプリメントランキング

白内障を防ぐサプリメントはコレ!目はとても重要な存在です。眼病には怖いものが多く、有名なのが緑内障や白内障あたりでしょう。

 

白内障の原因はさまざまですが、そのひとつが「老化」です。目も体同様老化していくため、年齢を重ねるごとに白内障のリスクも高まります。

 

さらに、紫外線を浴びることによるダメージなども積み重なると、目に負担がかかり余計に老化が進んで白内障が発症しやすくなります。

 

白内障対策におすすめしたいのは、サプリメントです。目薬では解決できない対策、目のケアにサプリメントがオススメ

 

目も栄養補給することにより若さ維持や老化防止になり、白内障対策になります。

 

定番の有効成分や栄養素は「ルテイン」や「アントシアニン」です。

 

ルテインは天然のサングラスとも呼ばれ、もともと目に多く存在するものの、加齢とともに減るため補給することが目の健康になります。

 

次にアントシアニンはルテインの働きを助ける役割と、高い抗酸化作用があります。酸化防止に優れているので目の老化防止になります。

 

これらの栄養成分は食事からも摂れますが、十分な量を補うためには、サプリメントが効率的です。どちらも効果的な量を摂ろうとすると食事では到底難しいため、サプリが推奨されます。

 

また、これらの成分を補うことにより白内障だけでなく、目のトラブル対策やケアに効果が期待できます。口コミでも、「疲れにくくなった」「目が見えやすくなった」などの声が寄せられています。

 

当サイトでは、人気の白内障サプリメントをはじめ、関連情報を配信しておりますのでぜひ参考にしてください。

<ルテイン・アスタキサンチン>白内障サプリメント厳選ランキング

一望百景

一望百景

おすすめポイント!

『一望百景』の特徴は、なんといっても国産品質であること。

 

アイケアに欠かせない定番の「ルテイン」は、契約農家で農薬を使わずに栽培されたマリーゴールド由来。それも吸収性が良いフリー体で1日分にたっぷり20mgも配合されています。

 

さらに老化防止に役立つエイジングケア成分としても知られる、抗酸化作用に優れた「アントシアニン」です。こちらは、沖縄の希少な紅芋からとれています。

 

このように沖縄県産の素材などを贅沢に使用しているので安心してご利用いただけます。すでに全国26万家族が愛飲の実績があり、豊富な配合量によって違いが口コミでも評判。加えて価格もお手頃で人気です。

 

価格 1,800円
摂取目安 1日1粒
成分 ルテイン20㎎、アントシアニンなど

 

公式サイトへ

 

めばえ

めばえ

おすすめポイント!

目の老化防止に。『めばえ』は、ルテインが豊富な機能性表示食品です。

 

目は常に紫外線に晒されていて無防備であるため、紫外線のダメージを受けやすい部分です。このため、老化も加速してしまいます。

 

天然のサングラスと呼ばれる「ルテイン」の働きによって目を守ることで老化防止に

 

1日たった1粒で、手軽に豊富、20㎎ものルテインが補えます。また、全額返金保証付きですので、はじめての方も安心。

 

価格 1,728円
摂取目安 1日1粒
成分 ルテイン20㎎

公式サイトへ

めなり

めなり

おすすめポイント!

定番のアイケアサプリメント。『めなり』は、ルテインだけでなく複数の目に良い成分を配合したサプリメントです。

 

ルテインは摂取目安より多めの「12㎎」配合。そこに、「ビルベリーエキス(アントシアニン)」や、同じく抗酸化作用に優れた「アスタキサンチン」、サポート成分として有効な「ゼアキサンチン」なども配合しています。

 

複数の成分が相乗し、白内障だけでなく、疲れ目などの目のトラブルケアに働きかけます。コストパフォーマンスも高く、毎日続けやすいサプリ。

 

価格 907円
成分 ルテイン12㎎、ビルベリーエキス、ゼアキサンチン、アスタキサンチンなど

公式サイトへ

もしも白内障を発症したら・・・<治療内容、治療費>

白内障を防ぐサプリメントはコレ!白内障は眼病の中でも有名ですが、どこか他人事と考えていないでしょうか。

 

しかし、白内障を発症する人は多く、とくに年齢を重ねると発症リスクが高まります。ですから、他人ごとではありません。

 

もし白内障になると、視界がボヤけてみえる症状が出ます。視界がもやがかかったように白くにごり、かすんでしまいます。これは、水晶体が白く濁っているからです。

 

発症原因はいくつかありますが、ひとつは加齢です。目が老化することが一要因ですが、そのほか紫外線を受けて活性酸素が増え、水晶体のタンパク質が酸化することも原因になります。

 

白内障を発症した場合には、適切な治療を行っていく必要があります。多くの場合は、進行を抑えることが目的の点眼薬での治療になります。継続的に点眼薬を使用することで、症状の進行を抑えて重篤化を防ぎます。

 

しかし、重篤化してしまっている場合は、点眼薬では対応しきれません。その場合は、手術が選択肢のひとつに入ります。手術によって改善できる病気になっていますが、費用などの問題もあります。

 

治療費においては、手術内容などによっても異なります。「眼内レンズ」を挿入する場合は約175,000円、挿入しない施術では約75,000円ほどです。

 

基本的に保険適用になりますが、そのほかに入院費や検査費、薬剤費、麻酔費などもかかります。治療を始める前に、手術の方法や内容、費用について具体的に医師に確認しておきましょう。

 

症状は日常生活に影響するものであり、治すにもお金がかかります。大切なのは予防です。老化は大きな原因になるので、早めに対策を始めることをおすすめします。

白内障予防に大切な生活習慣の送り方

白内障を防ぐサプリメントはコレ!白内障は誰でも発症する眼病のひとつです。それも発症リスクは高めで、加齢とともになおさらリスクは高くなります。

 

目の老化だけでなく、日ごろから紫外線を浴びることなどが原因で、白内障を発症するとされています。

 

白内障は水晶体に白い濁りができますが、これは活性酸素によって酸化していることが原因で、その酸化を誘発するのが紫外線と考えられます。

 

発症してから治療してケアを考えるのではなく、発症する前に予防を考えるべきです。加齢や老化が原因といわれると「どうしようもない」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

白内障の対策には、生活習慣でできることがあります。まず意識したいことは、「紫外線対策」です。目は無防備な状態にあることが多く、肌に日焼け止めを塗るようにケアできません。

 

紫外線を浴びてしまうと、活性酸素が増加して酸化を起こし、白内障リスクを高めます。また、目のダメージになり老化を加速させます。

 

これを防ぐ方法として、外出する際には紫外線対策として、サングラスの着用をおすすめします。

 

また、食事も見直しましょう。「食べるサングラス」として、「ルテイン」の補給がおすすめです。

 

ルテインは天然のサングラスと呼ばれるほど、目を紫外線から守るなどの役割があります。もともとルテインは目に存在する成分ですが、加齢とともに減ってしまうので補給することが大切になります。

 

同じように、老化防止として「アントシアニン、ビタミンC、ビタミンE」がおすすめの栄養素です。これらに共通するのが優れた抗酸化作用で、酸化を防ぐことで老化対策になります。

 

白内障などの眼病は生活習慣病の糖尿病とも密接に関係しています。糖尿病性で発症することがあるので、糖尿病を防ぐことも大切ですから、食生活は見直すべき生活習慣です。そのためには、適度な運動も必要です。

 

目は疲れもたまりやすい部分なので、日ごろからケアすることも大切です。疲れ目などを防ぐためにも、目を労わるようにしましょう。

白内障の遺伝要素について

白内障を防ぐサプリメントはコレ!怖い眼病のひとつ、白内障はさまざまな原因で発症します。老化がひとつの原因で、目が老化していくと発症リスクも高くなります。

 

また、紫外線を浴びることで活性酸素が増えて酸化が起こり、水晶体に白い濁りができることも白内障の原因と考えられています。

 

そして、同じように原因のひとつとされているのが「遺伝」です。

 

実は白内障は遺伝することがあります。両親や身内に、白内障患者、罹患歴のある人がいる場合は、遺伝によって発症するリスクも、障害の白内障発症リスクにプラスされます。

 

遺伝によって起こる場合は「先天性白内障」と言い、老化などと異なるため、若い人でも発症リスクが高いです。そもそも、先天性の場合は生まれつき水晶体が白く濁っており、乳児や幼児期、思春期までに症状が出ることも多いです。

 

遺伝の発症リスクは、白内障全体のおよそ20~30%とされています。決して珍しくもありません。

 

もし遺伝性によって発症している場合は、適切な治療を行ってください。放置すると視力低下を起こし、状態が深刻になっていくのみです。視力回復も困難な状態になりかねないので、定期的に検診を受けるなどして、医師とともに治療に取り組みましょう。

 

普段の生活では、目に大きなダメージやストレスを与えないように注意してください。

白内障に効くツボ押し

白内障を防ぐサプリメントはコレ!白内障は予防できる眼病です。発症してから対処するのではなく、予防をしていくことを推奨します。

 

主に老化が原因で発症すると考えられており、対策はいろんな方法があります。

 

また、白内障予防や、発症した場合にも有効性があると考えられているのが「ツボ押し」です。

 

ツボの指圧は、東洋医学で昔からさまざまな病気や症状に効くとされています。

 

白内障の場合、水晶体に白い濁りができますが、この損傷は治りません。重篤な場合には手術を行うことがあり、その場合は濁り部分を取り除いて、挿入レンズなどを行うことになります。軽度の場合には進行を抑えるために薬物療法があります。

 

こうした治療に加えておすすめしたい方法がツボ押しです。日ごろから自分でケアできる手軽さと、有効性から推奨されます。

 

ツボを刺激することで、白内障がピンポイントで良くなるというよりは、目の調子を良くすることで症状の緩和や予防に適します。目は日ごろから負担がかかりやすい部分ですので、ケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

うまい具合にツボをとらえて指圧すると、栄養やサンソの供給がスムーズになるため、老廃物などの排出が促進されて目の老化を遅らせ、そこから間接的に白内障に効き目が期待できます。

 

まずはツボの位置を調べて、そこを軽く指圧してみましょう。どうしてもツボが分かりづらいという場合は、その周辺をマッサージするだけでも有効です。

白内障に漢方は使える?有効な漢方薬と効能

白内障を防ぐサプリメントはコレ!白内障は水晶体が白く濁る病気で、視界がぼやけたりかすんで見えるため、日常生活に大きな影響を及ぼすと考えられます。簡単にいうと、水晶体が損傷している状態です。この損傷は自然治癒するものではありません。

 

症状が軽い時点では悪化を防ぐ目的で薬物療法を行い、樹得な場合には手術が必要になります。

 

前者の薬物療法においては、「漢方薬」を使う方法もあります。基本的には点眼薬を使いますが、飲み薬が処方されることもあり、漢方薬もあります。

 

お医者さんの考えによって異なる部分が大きくなりますが、漢方薬を処方している医師のもとで治療を受けると、漢方薬を処方してもらうことができます。

 

漢方薬の場合、ツボ押しと同様にピンポイントで白内障に効くのではありません。目の働きを高めたり、血流や水分の流れをスムーズにするアプローチによって、白内障の治療を助けるという考え方になります。

 

漢方薬にもさまざまな種類がありますが、その中では「牛車腎気丸」や「八味地黄丸」が、白内障の治療に用いられる定番の漢方薬の種類になっています。

 

どちらも、身体の血液や水の流れを改善する働きがあり、これによって白内障の治療に効果が期待できます。近年は漢方薬は市販のものも増えていますが、はじめてお使いになる方は医師の処方によるものがおすすめです。

 

体調によっても効能は左右され、体調が悪いときに摂取すべきではない薬もありますので、医師と話し合い、漢方薬を処方してもらうといいでしょう。

 

また、漢方薬は副作用が少ない安全性が高いというイメージがありますが、あくまで薬ですので正しく服用するようにしてください。用法用量をきちんと守ることも大切です。

注意!若い人でも白内障を発症する『若年性白内障』

白内障を防ぐサプリメントはコレ!眼病のひとつ、白内障は目の水晶体部分に白い濁りの損傷が起きた状態の病気です。白く濁っているため、視界がぼやけて、かすんで見えるなどの症状が起こり、日常生活に支障が出るものです。

 

原因はいくつかあります。遺伝によって発症するケースもありますが、一般的に老化で起こることが多いと考えられており、加齢とともに発症リスクも高くなります。ですが、若い人が油断していい病気ではありません。

 

近年は「若年性白内障」と呼ばれる、若い人の白内障が問題視されています。中高年だけでなく、まだ若い世代、働き盛りの世代の人でも発症するリスクはあり、より一層生活に影響を与えかねません。

 

ではなぜ、若い人が白内障を発症するのでしょうか。老化によって目の機能の低下、酸化による老化が主な白内障の原因と考えられていますが、若い人にそれは当てはまりません。

 

若年性白内障については、原因がいまだはっきりしていません。ただし、「活性酸素」や「ストレス」が関係しているのではないか、と言われています。

 

最近はパソコンからスマートフォンまで普及し便利な世の中になった反面、自然と生活の中で目を酷使する方が増えています。目の酷使によって受けたストレスやダメージが積もり積もって目が老化し、白内障を発症する可能性があります。

 

現代人は生活習慣も乱れ気味といわれていますが、生活習慣が不規則になることで活性酸素が増えて、それが間接的に原因になることもあります。

 

また、ストレス社会の現代における背景として、精神的なストレスなども影響します。過度のストレスは自律神経を乱してしまい、内臓などの機能が低下します。これらの機能低下が、白内障の進行を促す原因になるとも考えられます。

 

まとめると、若い人たちの白内障対策も、生活習慣の改善が欠かせません。食事ではバランスよく栄養を摂ることと、ルテインやアントシアニンといった有効成分を補うこと。ルテインやアントシアニンは目によく、白内障ケアに定番になっており、サプリメントで効率よく補えます。

 

適度な運動や、ストレス発散も大切なポイントです。生活習慣を整えて目を労わるようにケアをすると、効果的に眼病対策になります。