白内障と活性酸素の関係とは?原因になる理由について

白内障と活性酸素の関係とは?原因になる理由について

白内障と活性酸素の関係とは?原因になる理由について白内障は怖い眼病のひとつです。水晶体に白い濁りができるため、視界がぼやけ、かすんで見える症状が出て日常生活にも大きな影響を与えてしまいます。

 

この白い濁りができる原因にはいくつかありますが、白内障の多くは加齢によるものです。そして、そのキーワードになるのが「活性酸素」です。

 

活性酸素というのは、老化の原因になる物質として知られています。紫外線を浴びたときなどに発生し、身体を守る役割がありますが、過剰に分泌されてそれが残ってしまったとき、身体の正常な細胞にまで攻撃してしまいます。

 

体を酸化させることによって、老化を加速させる要因になります。実年齢的にはまだまだ若い人でも、この活性酸素によって老化が進み、老化現象が起こりやすくなる、病気にかかりやすくなるリスクも高くなります。

 

老化が加速されることで老人性白内障のように、白内障の発症リスクが高くなりますし、また、別角度からも活性酸素は原因になります。

 

水晶体の白く濁る根本的な原因、タンパク質の変質を招くことから、活性酸素は白内障の原因になると言われています。

 

そのため、若い人でも活性酸素が増えすぎると、それが原因で白内障を引き起こす恐れがあります。活性酸素は紫外線を浴びるほか、過度のストレスなどによって発生します。

 

通常なら使われない活性酸素は除去されますが、それが滞ると老化を加速させるので、活性酸素対策を行うようにしましょう。

 

活性酸素対策には、「抗酸化成分」が有効です。たとえば、「ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、アントシアニン、アスタキサンチン、ポリフェノール類」など。

 

目に良いといわれる「ルテイン」も、抗酸化作用を持っている成分です。これらの成分によって抗酸化作用が起こると、余計な活性酸素を除去していくことができます。

 

とくにポリフェノール類は抗酸化作用に優れています。アントシアニンやルテインもその仲間です。野菜や果物に多い傾向があり、代表的によく知られているのがリンゴです。リンゴの皮をむくと、徐々に実が茶色く変色するのも、ポリフェノールが失われるためと考えられており、皮の部分に多く含まれています。

 

抗酸化成分は体内にもありますが、日々消費されるため、日々補う必要があります。

 

食事で積極的に抗酸化成分を摂るようにしながら、サプリメントがおすすめです。ルテインやアントシアニンのサプリメントは目にもよく、疲れ目といったトラブルのケアにも効果が期待できます。

 

活性酸素を除去することは白内障予防のみならず、老化防止につながるため、アンチエイジングになります。